2015年07月24日

防水やら防振やら

これは天井を吊るための防振ゴム付き金具です。
2階の足音や物音が下階に伝わらないように幾分かは効果があります。
2x4などは2階の床下地と1階の天井下地が同じだったりするのですが在来工法は一般的には完全に構造を分離するのでそういった点でも有利ですね。
20150720_081627.jpg

換気口など外壁を貫通する部分の防水は、防水テープなどだけでは曲面にはうまく対処できない場合もありますので専用の貫通孔用防水シートを利用します。
20150721_124954.jpg

外壁目地にはこのようなバックアッププレートを使います。もし、コーキングが劣化した場合なども直接内部に水がしみ込んでいかないで下に排水される効果もありますし、コーキングシール自体が下地の構造体にくっつかないようにする役目もあります。外壁と構造下地がくっついてしまうと構造下地が動いたときに外壁が追随してしまい破損したり曲がったりするのを防ぐためです。これを”3面接着の禁止”といいますが、基本的な施工約束事です。
20150721_125129.jpg20150721_125242.jpg

窓上のひさしのアタッチメントですが、外壁の上から取り付けたのでは持ちませんので下地構造体にしっかり取り付けておきます。
20150721_125154.jpg
posted by TYM at 18:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: